自動車に欠かせないホイール!その特徴と種類

製造法で品質が変わる

選ぶときのポイント

カップル

車のホールには製造法によって種類があり、鍛造と鋳造があります。
アルミホイールの中に鋳造で作られている製品が多く、溶かしたアルミ合金を型に入れることによって作られています。
価格も比較的安く、いろいろなデザインが作れるというメリットがあります。
価格としては、インチ数によって異なりますが、5000円ほどから購入ができます。
そして、鍛造はアルミをプレスして作られ軽量なのがメリットの一つで、価格帯としては鋳造に比べて高いのですがその分強度もあります。
ホイールのデザインは大きく分けて、スポークタイプトフィンとメッシュとデッシュがあります。
その中で、価格も安くスタイリッシュに見えるのがスポークタイプです。
軽量であり冷却性も高いので、幅広い車に装着されています。
ちなみに、軽量化をするためには、スポークを細くしたものや本数を少なくしたものがありますが、強度がしっかりとしているかを確認することが重要です。
そして、メッシュは網目状のデザインで、高級感を出すことができます。
そのため、高級車に装着をする人が多いです。
また、純正のホイールサイズを基準にインチアップをすることができます。
インチアップをするときの基本としては、外径を変えずに扁平率を下げるため、タイヤの幅が薄くなりすぎないようにバランスを考えて選ぶことが大切です。
とはいっても、メリットも大きく見た目がよくなるだけでなく、グリップやブレーキ性能が向上します。
ホイールのインチアップは、2インチアップほどに留めると安全性と効果を実感することができます。
それに加えて、インセットの数値によってフェンダーからはみ出すこともあり、基準値を超えると車検に通らなくなるため確認をすることが必要です。

そろそろタイヤ交換なら

タイヤ交換

タイヤ交換の時期が近づいて来たら、どこでどのようにすれば節約出来るか、いろいろと頭を悩ませる日々ですよね。
乗っている頻度にもよりますが、通常タイヤは5年もすれば、ヒビ割れが出て走行には危険な状態になるのが一般的でしょう。
また、この時に、同時にホイールを交換する必要がある場合もあります。
どこかにぶつけたような場合は、ホイールが歪んでバランス調整が出来なくなる事があり、そうなるとホイールごと交換するしかありません。
手段としてはディーラーに頼むか、カー用品店に頼むか、ネット通販で購入して工場などに頼むかになります。
とにかく安く済ませたいなら、やはり通販でタイヤホイールセットを購入するのが一番ですが、手間はかかるのでそこは覚悟しましょう。
通販ショップでは、ホイールサイズやホイールデザイン、タイヤの種類やブランド、ナット類などを選択して送付先を決めます。
間違えると大変なので正しい選択をするのに苦労するかもしれませんが、車種から選べるようになっているショップがおすすめ。
車種に適合したものが自動的に選ばれるようになっていないと、かなり詳しい人でなければ選べないでしょう。
型番や種類だけでなく、リム径や扁平率などの指定が必要ですし、ホイールとなればもっと専門的な知識が必要となります。
マッチングを間違えると車検に通りませんし、商品は取り付けた後は返品や交換は受け付けられませんので、初期不良は未使用の状態でしっかりチェックして下さいね。

金属部品の劣化に注意

車内

車で最も早く劣化してしまう部品はゴムタイヤですが、そのゴムに包まれている金属ホイール部分の劣化には神経を使う必要があります。
このホイール部分はとても頑丈で変形しにくい部品となっていますが、裏を返せばその部分にそれほどまでにコストをかけなければならないということです。
ホイールが少しでも歪んでしまうとゴムタイヤはあっという間に摩耗してパンクしてしまい、深刻な事故につながってしまうでしょう。
人間の目では確認できないほどの小さなゆがみでもエンジンなどの様々な内燃機関に影響が出てしまうので、ゴムタイヤの組み換えだけでなくホイール部分の交換も確実に実行していくべきです。
そのあたりは車検でもしっかりとやってもらうことはできますが、できればある程度のスパンでホイール部分の交換は確実に実施しておくべきといえます。
そうすることで結果的にゴムタイヤは長持ちし、燃費はよくなりエンジンもトラブルを起こすようなことはなくなるのです。
タイヤの交換においてはボムタイヤの部分のみを交換する組み換えが一番安価であること、そしてホイール部分がとても頑丈で長持ちすることもありホイール交換は後回しにされがちといえます。
しかし、金属であっても毎日の運転によって少しずつダメージが蓄積されていくので、いつかは必ず交換をしなければなりません。
そのことをしっかり認識してタイミングを計りながら確実にホイールの交換を実行するようにしていきましょう。

お得なプランがある

車輪

タイヤ交換のサービスは各種の割引サービスが適用されるので、値段としてはとてもお得になっています。大手の業者ではタイヤを購入した方には無料で交換作業を提供しており、車の各種のメンテナンスも実施してくれます。

もっと読む

製造法で品質が変わる

カップル

ホイールの製造法には鋳造と鍛造があり、鋳造はいろいろなデザインがあり価格帯も5000円ほどからと低いのがメリットです。そして、インチアップすることによって見た目が良くなるのと、グリップやブレーキ性能をアップさせることができます。

もっと読む

車にかかる費用

ウーマン

業者にタイヤ交換を依頼した場合、相場は1本1000円から2000円ほどになっています。あまり高額な値段ではありませんが、タイヤ持ち込みが可能な場合や古いタイヤの処分料がかかることもあるので合わせて確認しておきましょう。

もっと読む